~子持ち、低学歴、中小企業勤めでもFIREを目指すブログ~
資産状況

資産状況大公開!(2021年10月度)株式市場が回復傾向!追い風は吹いたか?

どうも緋色です。

9月は株価の下落もあり、資産の伸びも低調でした。10月に入り株式市場が回復傾向なのと、4月ぶりの児童手当が入ったので、今月はちょっと期待しております(^^♪

では、今月も資産状況をしっかり公開したいと思います。

10月の家計簿

10月の収入

  • 緋色の給与 242,573円
  • 妻の給与 163,444円
  • 銀行利息 18円
  • 副業(せどり)19,697円
  • 児童手当 100,000円
  • ポイント 4,280円
  • 両親から長男への誕生日のお祝い金 5,000円

合計535,012円

今月は児童手当と長男の誕生日のお祝い金を貰ったので、いつもの月よりも収入が多めでした。

10月の支出

前提条件(我が家の状況)

  • 我が家(妻、子供達含め4人家族)は、現在緋色の実家で生活しています。実家では緋色の両親と一緒に生活していますが、両親とは家計は別にしています
  • 実家暮らしの為、我が家の支出には水道光熱費や食費の一部が含まれていません。その代わりに、両親に月々7万円を家賃として渡すことになっています
  • 食費に関しては、自分達だけでの外食や両親に御馳走したもの等は、家計に含まれています。(それ以外は結構グレーですが……)
  • 自販機等、領収書が出ない少額の買い物は家計簿には入っていません。その代わり毎月末に、保有している現金(財布)の分をマネーフォワードに入力し直して調整しています。

先月は妻のクルマの車検が有ったので支出がいつもより多かったですが、今月はほぼ通常通りでした。

10月の貯蓄率

では、10月の貯蓄率を見て行きましょう。今月は児童手当も入ったので、期待出来そうです(^^♪

10月の貯蓄率は、535,012円(収入)-309,912円(支出)=225,100円(貯金)なので、

225,100円/535,012円×100≒42%(42.073822643%)でした。

緋色
緋色
うーん、児童手当があったのに目標(50%)に及びませんでした(-“-)

現在の資産状況

資産構成及び時系列推移

先月よりも30万円ほど資産が増えました(*^^)v暴落した株価が回復したのが大きかったですね。

こうしてグラフを見てみると、10月から11月にかけて株価が大きく回復したのが分かります。

投資信託だけを切り取ってる見ると、今月の伸びはエグいです(;・∀・)

米国ETFの方も一応伸びていますが、そんなでもないですね。分配金目当ての銘柄なのであまり気にしてませんが……。

直近6ヶ月の資産の推移はこんな感じです。

※一瞬資産が増えている所が有りますが、マネーフォワードの連携ミスです。

現在のポートフォリオ

※今月から総投資額ではなく、現在(2021年11月2日)の時価総額をグラフにします。

今月は以下のように買付をしました(米国ETFは夫婦で約40万円程度です)。

投資信託

  • オール・カントリー:133,333円(子供達のジュニアNISA枠で自動買付)
  • 楽天VTI:33,333円(妻のつみたてNISA枠を楽天カードで自動買付)
  • S&P500:33,333円(緋色のつみたてNISA枠を楽天カードで自動買付)

米国ETF

  • HDV:94.99USD×5株(妻の特定口座で手動買付)
  • SPYD:39.35USD×34株(妻の特定口座で手動買付)
  • VYM:103.91USD×14株(緋色の特定口座で手動買付)
  • VIG:154.09USD×3株(緋色の特定口座で手動買付)

買付日の為替レート:1USD/111.22円(2021年10月4日現在)

現在保有している株式の状況

現在(2021年11月10日)保有している米国ETFの状況です。

先月分(2021年10月8日現在)と比較します。

並び順を変更したので見にくくてすみません(._.)先月マイナスだったHDVSPYDが今月はプラスに転じました(*^^)v

続いて、現在(2021年11月10日)保有している投資信託の状況です。

こちらも先月分(2021年10月8日現在)と比較します。

すみません(._.)こちらも並び順変えてます。今月の投資信託も順調です。

現在のFIRE達成率

FIRE達成率のルール(Ver.1.05) ※③に追加 

  1. 大前提として、年間の支出≦年間の配当金となればFIRE達成とする
  2. FIRE達成度は、年間の配当金/年間の支出×100=FIRE達成率(%)で表す(計算後に小数点第二位で切り捨てる)
  3. 2020年の年間支出450万円を基準として、そこに現在までの毎月の支出を加算し、2020年1月から数えた経過月数で割った、平均月間支出を算出(小数点切り上げ)する。それを12倍(1年分)にしたものを年間支出とする(小数点切り上げ)よって、年間支出は毎月算出するたびに変動する(計算時は小数点を含める)                              ・450万円(2020年の年間支出)+現在までの毎月の支出/2021年1月からの経過月数=平均月間支出                                  ・平均月間支出×12(1年)=年間支出(毎月変動する)
  4. 投資信託は配当金が無いので、4%ルールにより取り崩すと仮定した金額を配当金とみなす(計算後に小数点を切捨てる)
  5. ETF自体は分配金(配当金)を発生させるものなので売却しない。よって、①の配当金にはETF売却益は含めないで計算する
  6. 配当金が日本円以外の場合、換金レートはブログに記載された日を基準とする(計算後に小数点を切捨てる)
  7. 預金は生活防衛資金とみなす為、①の配当金には含めないで計算する
  8. 厳密に言えば預金にも利子があるが、あまりに少額なので無視する

まずは②より、現時点の年間支出を算出します。

8,021,320円(2021年1月~2021年9月)+309,912円(今月)=8,331,232円

8,331,232円/22カ月(2021年1月からの経過月数)=378692.36363円≒378,693円(平均月間支出)

1年に換算すると、378692.36363円×12ヶ月=4544308.3636円≒4,544,309円(年間支出)

続いて、年間配当金を算出します。

  1. 米国ETFの分配金16,548円(全特別口座のETFび分配金【税引後】16548.5488円の小数点切捨て)(為替レート:1USD=112.79円 2021年11月10日現在)
  2. 全投資信託を4%ルールで取り崩した場合の値186,608(4,665,219円の4%は186608.76円)

①+②203,156円(年間配当金)

現在のFIRE達成率は、

203,156円(年間配当金)/4,544,309円(年間支出)×100≒4.47%(FIRE達成率)(4.4705586701%の小数点第二位で切捨て)

最後にグラフにまとめます。

※棒グラフが右目盛り、折れ線グラフが左目盛です。

赤線の「年間支出」と青線の「年間配当金」が交わる(緑棒が100%になる)のを目標にしています。

10月の振り返りと今後に向けて

今月は児童手当の援護があったにも関わらす、目標貯蓄率の50%を下回ってしまいました。しかし、先月とは打って変わって株式の回復が著しいことにより、大きく資産を増やすことが出来ました。おかげで、FIRE達成率もいつもよりも高い伸び率となりました(まだまだ先は長いですが……)。

緋色
緋色
山あり谷ありですが、インデックス投資を淡々と続けていきたいと思います!

今回は以上です。

最後までお読み頂きありがとうございました。

では、また!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA